術後の高血圧の関係について

術後の高血圧の関係についてですが、内臓の疾患などでの術後は、麻酔がとけると痛みなどが出る場合がほとんどですが、痛みが出ると脳内にある交感神経が刺激されるので緊張が高まります。
そうすると心拍数が増加し、血管抵抗が高くなりますので、結果として血圧は上昇するといわれています。
高血圧は術後に様々な合併症との関係があるといわれております。
具体的には、高血圧症の患者さんは、多かれ少なかれ、全身の血管に動脈硬化症をおこしていますので、術中・術後の脳血管性障害や心筋虚血が生じやすいです。
ですので、術後などは血圧の急上昇などを防ぐために、容体を慎重に診ながら、降圧剤の投与が必要になります。
高血圧症の一番の原因は、動脈硬化といわれており、動脈硬化を起こすと血管・血液が汚れてもろくなっている状態になっているので、全身に血液を送る力が大きく必要になりますので、血圧が結果的に上昇するといわれています。
動脈硬化の原因で最も大きなものは、毎日の生活のリズムであるといわれています。
おのおの毎日の生活のリズムや習慣は違いますが、長年の食生活のかたよりや乱れ、仕事や人間関係などからくる大きなストレス、自家用車や自転車などの便利なものを利用することにより、運動不足になり、足腰などの前身の筋肉の衰え、お酒の過剰摂取や、喫煙などなどによるものが引き金となり、血液が弱アルカリ性であったものが、酸性の汚れた状態に傾いていきます。
そうすると、血管内に汚れやプラークがたまりだしていき、長年の歳月をかけて、動脈硬化になっていきます。
動脈硬化になると、高血圧症だけではなく、高コレステロール値や中性脂肪が高まる脂血症や糖尿病などになるので注意が必要です。