心不全などの予防に血圧の安定が必要な高血圧治療

高血圧は生活習慣が原因になって生じることが多いというのが世の中によく知られるようになりました。食生活の欧米化と運動不足が原因となっていると考えられており、塩分の摂取の影響も生活の中にある大きなリスクファクターです。その予防に向けた情報発信や高血圧そのものに関する病態やリスクについての情報提供が活発に行われてきた結果として、現在では高血圧は様々な合併症を伴うリスクの高い疾患であるということも認識されるようになってきています。合併症として知られているのは動脈硬化や心不全、腎不全といったものであり、いずれも血圧が高い期間が長く続くことによって起こるものです。血圧が高い状態は血流にかかわる血管や心臓、腎臓といった器官に大きなストレスをかけることになり、その蓄積が合併症をもたらすことになります。血管へのストレスにより血管壁が厚くもろくなるのが動脈硬化であり、心臓や腎臓への継続的な負担によって機能低下が生じてしまうのが心不全や腎不全です。心不全や腎不全が原因となって高血圧が生じるという場合もあり、これらの器官が密接に関わり合っているということを如実に表しています。高血圧の治療においては安定して血圧が低い状態を保てるようにするということが目指されます。そうすることによって各器官がストレスを受けない状況を保つことでき、合併症のリスクを低減させることができるからです。しばしば安定した血圧管理は難しく、日内変動の影響を受けて早朝や夜間に高血圧となってしまう患者もいます。そういった患者にも安定して降圧効果が望める長時間作用型の降圧剤も開発されてきており、降圧治療は概してうまく行えるようになっています。