常温から大きい温度変化で起こる高血圧のリスク

高血圧は塩分の高い食事を続けたり運動不足から起こるとは必ずしも限りません。20~25℃の常温となる場所から外気温が10℃以下の寒い場所へ急激に移動すれば、温度差による高血圧へのリスクが増え、しかもこれは老若男女問わず起こりうる可能性があります。
冬の外の様に気温の低い場所だと自律神経を刺激し、体温を一緒になって低くしないために毛細血管を収縮させる現象が起こります。結果として寒い場所では血圧は上るといった特徴があります。しかし室温は常温になっており、私たちがリラックスできる気温になっています。そこから気温の低い場所に行くことで急激に血圧が上がり、脳や心臓に急激な負担がかかり、最悪の状態では脳梗塞や心筋梗塞で倒れることがあります。また冬の風呂場や夏の冷房の効いた場所から外に出る時も同じことが言えます。そのため冬の風呂場では着替えや洋服を脱ぐ前に脱衣所を温めたり、風呂場をシャワーで温めておくことで温度差をなくし、高血圧のリスクを低くすることが出来ます。また冬、寒い外に出る場合はコートだけでなく帽子をかぶったりマフラーをすることで肌の露出をすくなくすることで、身体が常温だと感じるような格好にしたり、夏の冷房の効いた場所では暖かい飲み物を飲むことで身体を内側から温めることが出来、急激な高血圧に対するリスクを軽減の対策を取ることも出来ます。
生活の快適さを求めるが故に、私たちの生活はエアコンやストーブなど便利な物に囲まれるようになりました。しかし自然を私たちの勝手に変えることは出来ないので、自然に合わせられることは合わせることで、温度差による高血圧のリスクという問題を5軽減することが出来るかもしれません。